円安の現状

・2024年、1ドル150円を超える状況
・原因: 米国の金利上昇と日本の金融緩和策

  • 円安の現状とその原因


    2024年、日本経済は1ドル150円を超える円安に直面しています。

    この状況は、米国の金利上昇によるドル高と、日本の金融緩和策が長期にわたって続いていることが主な原因です。


    投資家はこの通貨の価値変動に注意を払い、不動産投資を行う際のリスク管理が必要です。


    東京不動産市場への影響


    建築費の高騰
    海外資本の流入
    不動産価格の上昇


    東京不動産市場への影響 円安は、東京の不動産市場にも大きな影響を与えています。

    建築費の高騰により、新築物件の価格が上昇しています。

    また、海外資本の流入により、特に中心部の不動産価格が上昇傾向にあります。

    これは、外国人投資家にとっては有利な状況ですが、国内投資家には購入コストの増加という形で影響が出ています。


    AdobeStock_228320141

投資家の注意点


・住宅ローン減税の借り入れ限度額の変更
・金融緩和策の継続とその影響

投資家の注意点

投資家は、住宅ローン減税の借り入れ限度額の変更にも注意が必要です。
政府の金融緩和策が継続される中、不動産価格の上昇が見込まれるため、投資計画を立てる際にはこれらの政策変化を考慮することが重要です。

AdobeStock_292561185

投資戦略

・価格維持・上昇地域の特定
・中古物件市場の活用
・三極化市場の理解


投資戦略 東京の不動産市場では、価格維持や上昇が見込まれる地域を特定することが重要です。

また、新築物件だけでなく、中古物件市場の活用も一つの戦略となります。

さらに、市場の三極化を理解し、投資先を選定する際には、地域の特性や将来性を考慮する必要があります。


まとめ


円安は不動産投資に多大な影響を及ぼします。

東京の不動産市場では、特に海外投資家の動向と政策の変化に注目が必要です。

賢い投資家は、市場の動向を正確に把握し、適切な戦略を立てることで、円安時代でも成功を収めることができます。


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~20:00

Access


住まいの売買相談窓口

住所

〒104-0061 

東京都中央区銀座 6-13-9

GIRAC GINZA8F bizcube


Google MAPで確認する
電話番号

050-3577-2758

050-3577-2758

営業時間

10:00~20:00

定休日 なし
これまで住んでいたお部屋や使い道のない所有物件など幅広いご相談を承っています。住まいだけでなくビジネスで活用してきた物件にも対応しており、独自のネットワークを使って双方のマッチングをサポートしてまいります。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事