不動産相続回避の選択肢

  • 相続放棄: 不動産相続を回避する方法の一つとして相続放棄があります。

    ただし、放棄した場合には相続権を放棄することになるため、その影響を理解しておく必要があります。


    遺言: 不動産を遺言によって相続させないと決めることも選択肢の一つです。

    ただし、遺言には法的な手続きが必要です。


    相続しない場合の影響
    不動産の処分: 相続人がいない場合、不動産は公的な手続きによって処分される可能性があります。

    これには競売や公売などが含まれます。


    財産の流れ: 不動産を相続しない場合、その財産は相続人以外に割り当てられることがあります。

    これは地方自治体や国による支配に移ることもあります。


    AdobeStock_228320141

相続しない選択肢の注意点

資産の損失:
相続放棄や遺言による不動産の処分は、その資産を失うことを意味します。
これにより将来的に資産を利用できなくなる可能性があります。

法的手続き:
相続放棄や遺言による手続きは、専門家のサポートが必要な場合があります。
法的手続きを誤ると思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。

AdobeStock_292561185

不動産相続を回避した場合の展望

資産の流れ:

不動産を相続しないことで、その資産は地方自治体や国の支配下に移る可能性があります。

これにより、不動産の将来的な利用や活用方法は変わる可能性があります。


家族や環境への影響:

不動産の相続回避は家族や周囲の環境に影響を及ぼすことがあります。

将来的な家族の計画や環境の変化を考慮することが重要です。


不動産を相続しないことは、将来のリスクや影響を正しく理解する必要があります。

専門家の助言を得て、自身や家族の将来を見据えた判断が求められます。


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~20:00

Access


住まいの売買相談窓口

住所

〒104-0061 

東京都中央区銀座 6-13-9

GIRAC GINZA8F bizcube


Google MAPで確認する
電話番号

050-3577-2758

050-3577-2758

営業時間

10:00~20:00

定休日 なし
これまで住んでいたお部屋や使い道のない所有物件など幅広いご相談を承っています。住まいだけでなくビジネスで活用してきた物件にも対応しており、独自のネットワークを使って双方のマッチングをサポートしてまいります。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事