1. 不動産評価の不一致

  • 遺産相続では不動産の評価がトラブルの原因になることがあります。

    特に相続人間で評価額に違いがある場合、その不一致が問題に発展することがあります。

    解決策としては、専門家の意見を求めたり、公正証書作成などで評価額を決定することが挙げられます。


    2. 相続放棄に関する意見の不一致
    相続放棄についての考え方や意見の不一致がトラブルを引き起こすことがあります。

    例えば、一部の相続人が放棄することを望んでいる場合でも、他の相続人がそれに反対するケースです。

    解決策としては、円満な合意を図るために弁護士や仲裁人を巻き込むことが考えられます。


    AdobeStock_228320141

3. 遺言書の曖昧さ

遺言書の内容が曖昧だったり、複数の解釈が可能な場合、相続トラブルの原因になります。
特に不動産や財産の配分が遺言書に明記されていない場合には、相続人間での意見の相違が生じることがあります。解決策は、専門家の助言を得て、遺言書の解釈を明確にすることです。

4. 相続人間の対立
相続人間の対立は、遺産相続における最も一般的なトラブルの一つです。
兄弟間や親族間の対立が激化することがあります。
これを解決するには、円満な解決策を見つけるために専門家の仲介や協議が必要です。

AdobeStock_292561185

5. 財産分割の難しさ

不動産を含む遺産の公平な分割が難しい場合、相続トラブルが発生することがあります。


特に、土地や建物の評価、売却方法などでの意見の相違がトラブルの要因になります。解決策は、公正な分割を確保するための交渉や専門家の助言を求めることです。


遺産相続におけるトラブルは様々ですが、円満な解決には専門家の助言や的確な協議が不可欠です。

各トラブルの解決策を十分に検討し、問題を円滑に解決することが大切です。


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~20:00

Access


住まいの売買相談窓口

住所

〒104-0061 

東京都中央区銀座 6-13-9

GIRAC GINZA8F bizcube


Google MAPで確認する
電話番号

050-3577-2758

050-3577-2758

営業時間

10:00~20:00

定休日 なし
これまで住んでいたお部屋や使い道のない所有物件など幅広いご相談を承っています。住まいだけでなくビジネスで活用してきた物件にも対応しており、独自のネットワークを使って双方のマッチングをサポートしてまいります。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事