トレーラーハウスの種類とサイズ

トレーラーハウスには、大きく分けて2種類あります。


  • - 自動車として認められるトレーラーハウス
    - 『道路運送車両の保安基準』に則って作られたトレーラーハウス
    - 車幅2500mm未満、車高3800mm未満、車長12000mm未満
    - 車検や自賠責保険が必要
    - 自動車として認められないトレーラーハウス
    - 『道路運送車両の保安基準』を満たさないトレーラーハウス
    - 車幅や車高などに制限がない
    - 運輸局に基準緩和の認定を申請して、2カ月間のみ通行できる
    サイズによっては、牽引免許が必要になる場合もあります。牽引免許を取得するには、牽引する車の種類に応じて普通免許や中型免許などが必要になります。牽引免許を持たない場合は、業者に依頼することになります。

    AdobeStock_228320141

トレーラーハウスの価格は?

トレーラーハウスの価格は、サイズや仕様、オプションなどによって異なります。一般的な相場は、500万円~1000万円程度です。しかし、中古のトレーラーハウスであれば、100万円台から購入できる場合もあります。
トレーラーハウスの購入にかかる費用の内訳
トレーラーハウスの購入にかかる費用の内訳は、以下のようになります[^2^][2]。
- トレーラーハウス本体
- トレーラーハウスのサイズや仕様によって価格が変わる
- 500万円~600万円が標準的な価格帯
- オプション
- 外装や内装のデザイン、インテリア・備品などのカスタマイズによって価格が変わる
- 100万円以上かかることもある
- 輸送費用
- トレーラーハウスを納車する際にかかる費用
- トレーラーハウスのサイズや移動距離によって価格が変わる
- 10万円以上かかることが多い
- 諸手続き費用
- トレーラーハウスを購入するメーカーに支払う手数料や、設置費用、車庫証明の申請費用、自賠責保険料など
- メーカーによって価格が変わる
- 各種税金
- 環境性能割(自動車取得税)、自動車税、自動車重量税など
- トレーラーハウスの仕様・サイズによって価格が変わる

AdobeStock_292561185

トレーラーハウスのメリットと注意点

トレーラーハウスには、以下のようなメリットと注意点があります。
メリット
- 建築物ではないので、市街化調整区域にも設置できる
- 自由に場所を変えられるので、ライフスタイルに合わせてカスタマイズできる
- 一般的な住居や店舗よりも安く購入できる
- 電気・水道・ガスなどのライフラインを接続できる
注意点
- トレーラーハウスのサイズや仕様によっては、牽引免許や車検が必要になる
- トレーラーハウスの設置場所までの道路幅や高さに制限がある
- トレーラーハウスを住居として利用する場合は、住民票の所在地にできない
- トレーラーハウスのライフラインの配線や配管などが工具を要さずに取り外せない場合は、建築物として扱われる可能性がある
まとめ
トレーラーハウスは、車でけん引して移動できる家です。住居や店舗、事務所などさまざまな用途で利用できます。トレーラーハウスの価格は、サイズや仕様、オプションなどによって異なりますが、一般的な相場は500万円~1000万円程度です。トレーラーハウスには、市街化調整区域にも設置できるというメリットがありますが、牽引免許や車検などの注意点もあります。トレーラーハウスを購入する際は、自分の目的や予算に合わせて、慎重に選びましょう。


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~20:00

Access


住まいの売買相談窓口

住所

〒104-0061 

東京都中央区銀座 6-13-9

GIRAC GINZA8F bizcube


Google MAPで確認する
電話番号

050-3577-2758

050-3577-2758

営業時間

10:00~20:00

定休日 なし
これまで住んでいたお部屋や使い道のない所有物件など幅広いご相談を承っています。住まいだけでなくビジネスで活用してきた物件にも対応しており、独自のネットワークを使って双方のマッチングをサポートしてまいります。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事